1. 交通事故や年齢によって歯を失ったらオールオン4
  2. うつ病を避けるには、インプラントが必要な場合も
  3. 矯正歯科はビジネスマンの強い味方!歯医者に頼れ!
  4. 生活しながら自然な歯列矯正ならインビザライン
閉じる

生活しながら自然な歯列矯正ならインビザライン

歯科矯正の治療中

インビザラインは正確なコンピューター技術を使って、目立たなくて痛くないマウスピース状の器具をオーダーメイドする歯科矯正法です。
クリアアライナーと呼ばれるマウスピースを歯に嵌める歯列矯正装置で、周りから気づかれにくいほど透明感があり、通常の日常生活が送れると評判の良いものです。

インビザライン治療で付けるクリアアライナーの装着期間は矯正する箇所の歯並びや本数によってマチマチですが、他の歯科矯正と比べても装着期間は大きく変わりません。
しかも部分的に矯正できる方法ですので、軽度であれば1年以内に治療を完了させることも可能です。
フル矯正を行い、1日20時間以上の装着時間を厳守し順調に治療が進んだ場合、治療期間は1年半~2年半を想定して治療を行います。
これは多少の誤差がある場合もありますから少し期間に余裕を持って望んだ方がいいと言われます。

前歯にすき間があるなど、部分的な歯列矯正で歯並びが比較的良い場合なら、1年未満でキレイな歯並びにできることもあります。
奥歯の歯並びを治すときは抜歯を伴うこともあります。
インビザラインの治療法が可能かどうかは歯科医院の判断になりますから、よく相談してからの治療になります。
八重歯を矯正したいというケースもあるでしょう。
これは抜歯をせずに行えることも可能なこともありますし、治療期間なども少し長めになることがあるようですから、これも歯科医院とよく相談してからの実行になります。

インビザラインのメリットはなんと言っても目立たない外見で、歯に直接嵌めるマウスピースタイプのため、歯の矯正をしていることを気付かれにくいという特徴があります。
また使われている素材が薄くてなめらかですので、かつ、オーダーメイドですからフィット感があり痛みを感じにくいという評判があります。
取り外しやすいことも特徴で、ワイヤーなどの固定タイプは取り外しにくく、食事や歯磨きを行ない難いのですが、インビザラインはこれがありません。
更には金属と違い柔らかいプラスティックでできていますので、ワイヤーで金属アレルギーを発症したという人でも安心して行えます。
取り外しが簡単であることはメリットが多く、例えば食事のとき取り外すことにより、食事をしっかり味わえる喜びがあります。
また歯磨きのときもしっかり磨けるという安心感もあります。

全くデメリットがないわけでもなく、インビザラインでの歯列矯正治療中は、1日あたり20時間の装着が必要です。
これが守られなかった場合、矯正期間が延びたり矯正結果に影響が出たりします。
更にインビザラインの治療法が日本で行われるようになったのは2.000年代に入ってからですので対応できる歯科医院はまだ少ないので、もし引越しなどで対応できる歯科医院が近くにない場合は通院が困難になります。
しかしながら通常の日常生活を送りながら自然な歯列矯正が可能ですから、この治療法のメリットは大きなものがあります。

関連記事
  1. 歯医者
  2. うつ病の男性
おすすめ記事
  1. 交通事故や年齢によって歯を失ったらオールオン4
  2. うつ病を避けるには、インプラントが必要な場合も
  3. 生活しながら自然な歯列矯正ならインビザライン
  4. 矯正歯科はビジネスマンの強い味方!歯医者に頼れ!
オススメ記事
  1. 事故で自分の歯を失ってしまった方は人工歯を埋め込むが必要があります。最近では新たな施術としてオー…
  2. うつ病の男性
    何らかの原因で歯が抜けてしまった後、そのまま放置してしまうとうつ病になるかもしれません。歯が少な…
  3. 歯科矯正の治療中
    インビザラインは正確なコンピューター技術を使って、目立たなくて痛くないマウスピース状の器具をオーダー…
  4. 歯医者
    歯並びが悪いと食べ物が歯につまりやすくなったり、かみ合わせが悪いので食べ物をしっかり噛むことができな…
ページ上部へ戻る