1. 矯正歯科はビジネスマンの強い味方!歯医者に頼れ!
  2. 交通事故や年齢によって歯を失ったらオールオン4
  3. 生活しながら自然な歯列矯正ならインビザライン
  4. うつ病を避けるには、インプラントが必要な場合も
閉じる

うつ病を避けるには、インプラントが必要な場合も

うつ病の男性

何らかの原因で歯が抜けてしまった後、そのまま放置してしまうとうつ病になるかもしれません。
歯が少ない状態では、噛む時に違和感がある可能性があります。
硬いものは噛み切れなくなるでしょうし、食べるものを制限されてしまいます。
柔らかいものばかりを食べるようになり、なるべく噛まなくて良いようにすることは決して良いことではありません。

研究で咀嚼することでうつ病を防止できることがわかっています。
歯が全部そろっていないので、噛み合わせが悪くなると肉体のバランスまで悪くなります。
消化不良を起こすようになったり、精神的に不安定になることもあるでしょう。
肉体への影響だけではなく、精神的にも大きな影響を与えることになります。

肉体のバランスが悪くなることで、頭痛や肩こりに悩まされることもあります。
歯が1本でも足りなくなるだけです。
また、咀嚼回数が減ることで認知症のリスクも高くなります。
インプラントにすれば、硬いものも食べられるでしょうから咀嚼回数を増やせるはずです。
他の方法よりもインプラントならば安定感があるので、よりうつ病を回避できるでしょう。

歯が足らなくなったことで顎関節症になることもあります。
アンバランスな状態は長く続かないようにしてください。
日常生活に支障が出るほどの頭痛や肩こりに襲われたり、うつ病にまで発展してしまっては大変です。
歯が抜けてから精神的に不安定になったと感じていませんか。
噛む回数が減っているために脳に刺激が足りなくなっているからです。
咀嚼するだけで、脳の中枢を刺激して記憶や思考能力向上、意欲の向上につながります。

また、咀嚼回数が多くなるとセロトニンと言う幸せホルモンがたくさん分泌されます。
もちろん、歯が抜けて咀嚼回数が少なくなればセロトニンの分泌が減るのでうつ病のリスクが高くなります。

咀嚼が精神面に大きな影響を与えるので、歯が抜けたらインプラントにしましょう。
うつ病になるとやる気がなくなりますから、より一層口腔内の環境が悪化するかもしれません。
もっと歯が抜けやすくなる恐れもあるので、うつ病を回避するどころか悪化する可能性が高くなります。

少し歯の本数が足りなくなるだけならば、軽く考えてしまいませんか。
1本くらいどうってことはないと思わないでください。
人工の歯を補う方法は他にもありますが、インプラントが一番自前の歯に近いので、見た目も自然です。
だから、歯が抜けたらインプラントを検討してみてください。

関連記事
  1. 歯医者
  2. 歯科矯正の治療中
おすすめ記事
  1. 交通事故や年齢によって歯を失ったらオールオン4
  2. うつ病を避けるには、インプラントが必要な場合も
  3. 生活しながら自然な歯列矯正ならインビザライン
  4. 矯正歯科はビジネスマンの強い味方!歯医者に頼れ!
オススメ記事
  1. 事故で自分の歯を失ってしまった方は人工歯を埋め込むが必要があります。最近では新たな施術としてオー…
  2. うつ病の男性
    何らかの原因で歯が抜けてしまった後、そのまま放置してしまうとうつ病になるかもしれません。歯が少な…
  3. 歯科矯正の治療中
    インビザラインは正確なコンピューター技術を使って、目立たなくて痛くないマウスピース状の器具をオーダー…
  4. 歯医者
    歯並びが悪いと食べ物が歯につまりやすくなったり、かみ合わせが悪いので食べ物をしっかり噛むことができな…
ページ上部へ戻る