1. 交通事故や年齢によって歯を失ったらオールオン4
  2. うつ病を避けるには、インプラントが必要な場合も
  3. 生活しながら自然な歯列矯正ならインビザライン
  4. 矯正歯科はビジネスマンの強い味方!歯医者に頼れ!
閉じる

豊かな人生を過ごすためにも、人生と歯は切っても切れない関係性にあります。人と話すためや美味しいものを食べるためにも、無意識のうちに歯はあなたの人生を支えています。そんな歯をないがしろにしていては、いつか歯が深刻な状態になってしまい人生が一変してしまうかもしれません。そうなる前に歯科に通ってみませんか?

歯のケアというと歯磨きをすることが代表的なものになりますが、実は歯に影響を与えているのは歯磨きだけでなく私生活とも密着していることがわかっています。
歯は健康に長生きをするために大切な存在ですし、美味しいものを食べて幸せに生きていくためにも重要な役割を果たします。
そのため、歯に良い私生活を送ることは、歯を長く健康に保つために必要なものとなるでしょう。

私生活で気を付けることとは?

タバコ

歯に大きな影響を与えるもののひとつはタバコです。
タバコは健康に悪いと言われていますが、歯にとってもよい影響を与えません。
タバコを吸う人は歯にヤニがつき歯垢がつきやすくなってしまうからです。
歯垢はタバコを吸わない人でもつくことがありますが、タバコを吸っている人の場合には吸っていない人よりも歯垢がつきやすくなります。

またタバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、血流が悪くなります。
一酸化炭素は酸素やビタミンCを消費させてしまい常に不足した状態になってしまいます。
これらのことが傷口の治癒を遅らせたり、免疫力の低下につながり、口の中の環境を悪くします。

もうひとつ歯への影響が大きいものに歯ぎしりがあります。
歯ぎしりは寝ている時にしてしまうことがほとんどなので、自分では気付かないうちに行っている可能性があるでしょう。
歯ぎしりで歯に強い圧や摩擦がかかり続けると歯を擦り減らしたり、歯並びが悪くなることがあります。
歯ぎしりをしていることで歯のダメージが蓄積されていくと、歯の寿命を縮めてしまいます。

他には歯科にかかる習慣があるかどうかも、歯の寿命に密着しています。
歯ブラシだけではいくら頑張っても落としきれない汚れがあります。
歯科で定期的に歯のケアをしたり、口の中で悪くなっているところはないかをチェックしておけば、悪くなってしまう前に治療をすることができ、歯の状態を健康に保ちやすくなります。

そして、歯科でお手入れをしながら生活をすることが、年齢を重ねていった時でも自分の歯で食べることにつながります。
食事を自分の歯で食べられるかどうかは健康寿命に大きく関係しており、自分自身の歯をできるだけ長く残すことが非常に重要です。
歯は使い続けていくうちに状態が悪くなりがちで、きちんとケアをしていないと抜けてしまうこともあります。
そのためいつまでも自分の歯を健康に保ちたいと思った時には、若い頃から歯のケアを継続して行っていくことが大切です。

海外の文化は歯並びに厳しい!

綺麗な歯並び

日本では歯並びは良いにこしたことはないけれど、そこまで重視しないという傾向があります。
日本国内にいると気付きにくいことかもしれませんが、外国に行った時に歯並びの悪さを指摘されたという経験を持つ人が大勢います。

これは日本と外国の歯並びに対する意識の違いから来ていると考えられます。
日本では歯並びが悪くても見た目だけの問題だと考えられていますが、外国では歯並びが悪いことは自分できちんとメンテナンスができていないと判断をされることがあるようです。
そのような違いがあるため、歯並びが悪いとビジネスや恋愛に影響がでて敬遠されてしまうこともあります。

歯並びに関する話題も日本では特別なこととして扱われることが多い傾向にありますが、外国では矯正が身近な存在です。
多くの人が矯正をしているので、子どもにとっても身近に感じられており、歯並びが悪い時には当たり前に矯正をするという地域もあるようです。
歯並びを整えることが常識だとされていると、普段から歯科に行く機会も増えますし、歯並びだけでなく口のケアをすることも常識になっています。

歯科に対する教育の仕方にも違いがあり日本では歯が痛くなるなど異常がおきてから歯科にかかるということが一般的なのに対して、外国では歯を悪くしないために歯科に行くという教育を受けます。
治療が必要になってからではかかる金額も高くなりますし、治療にかかる時間も必要になるので、歯が悪くならないように予防することのほうが金額的、時間的な負担を抑えられるというメリットがあります。

外国ではこういった価値観が普及しているため、定期的に歯科受診をして、歯のケアを継続させている人がたくさんいます。
歯並びが悪いことは自分自身の健康にも関係しているので、歯並びを整えることは自分のためにも重要ですし、社会的な意味合いでも大切だということで、歯への関心が高くなっています。

自分自身でも常にケアをしていますし、定期的に歯科受診をしてかかりつけの歯科がある人も珍しくありません。
国によっては保険制度の違いで、病気になってから受診をすると非常に高額な治療費を請求されるというところもあります。
そのような場所では、なおさら高い治療費を払わなくて良いように、事前に口のケアをするという方法をとる人が多くなっています。
矯正をしておけば自分で綺麗にしにくかった場所もお手入れしやすくなるので、歯の健康のために矯正をする人もたくさんいます。

オススメ記事
  1. 事故で自分の歯を失ってしまった方は人工歯を埋め込むが必要があります。最近では新たな施術としてオー…
  2. うつ病の男性
    何らかの原因で歯が抜けてしまった後、そのまま放置してしまうとうつ病になるかもしれません。歯が少な…
  3. 歯科矯正の治療中
    インビザラインは正確なコンピューター技術を使って、目立たなくて痛くないマウスピース状の器具をオーダー…
  4. 歯医者
    歯並びが悪いと食べ物が歯につまりやすくなったり、かみ合わせが悪いので食べ物をしっかり噛むことができな…
ページ上部へ戻る